現場調査

こんばんわ🌙

最近、お客さんとの現場確認に同行しました。

私は、まだ経験が浅く、看板についてまだまだ勉強しなければいけないことがたくさんあります。

見積をすることがあるのですが、図面やデータだけでは分からないことがたくさんあります。

どのように作るのか、どのような場所に設置するのか、などが分かっていないと見積もりが作れないことがあります。

電話で聞いた場合ですと、お客さんの意図とこちらの認識が違っていたりすることもあります。

今回は、既存の看板を作り替える案件でしたが、現在の看板のサイズであったり、どのように設置されているのかなど見ないとわからないことがたくさんありました。現場を見たことで、どれくらいの材料が必要なのかがわかり、イメージもわくので見積もりがしやすかったです。

お客様の要望も、その場で話を聞いた方が、お客様の思いにより近いものを作ることができるなと感じました。最近ではメールが主流になっており、それで完成できる場合もありますが、文章では見えない部分をきちんと確認しないと、思っていたものと違ったなどということが起こってしまうのかなと思います。

今回改めて、現場を確認する事が大切だと学びました。次に生かせるようにしていこうと思います。

看板の仕事だけでなく、どの仕事においても現場であったり、実物を確認することは大事だと思います。

 

 

 

 

 

 

© 2021 ROUTE8 有限会社