看板

電飾シートの特徴について

3月も終わりが近づいてきました。

桜の開花予想なども発表され、いよいよ春が到来しますね。

本日は電飾シートと、長期シートの比較について紹介します。

電飾スタンド看板は、看板内部にLED照明が搭載されているため、光を通す素材のシートを使用して印刷しています。

↑こちらの写真の通り、下に青色のシートを重ねていますが、うっすら色が見えていますね。

電飾シートは乳半なので、裏からLED照明当てると光りを通します。

↑こちらの写真は、スタンド看板などに使用する長期のシートです。

長期シートは設置場所にもよりますが、3~4年程度もつと言われています。

※天候や日当たりによって異なります。

下に水色のシートを重ねていますが、全く色が見えません。

通常使用する長期シートは電飾シートと違い、真っ白なので光はほぼ通りません。

また電飾シートの大きな特徴は、2回刷りをしている点です。

2回色を重ねているので、その分照明をつけていない状態では、色が濃く見えます。

LED照明を付けると作成したデータに近い色味となります。

電飾スタンド看板をご注文の際は、その点を予めご了承ください。

その他、印刷に関して不明な点があればお気軽にご相談ください。

© 2021 ROUTE8 有限会社